お役立ち情報

【閑散期】ストロベリーファーム生活のリアルな1日をご紹介

【閑散期】ストロベリーファーム生活のリアルな1日をご紹介
悩める猫
悩める猫
ファーム生活ってどんな事をするの?

オーストラリアワーホリでは、2nd visaを取る為に農場で働く人も多いと思います。

私はデミペアが終わる時期が丁度イチゴの時期(3月下旬)だったので、モレイフィールドの苺農場に行きました。

ファーム生活の1日って、いまいち想像がつかない方も多いのではないかと思います。

今回は、閑散期のファーム生活についてご紹介します。とにかく毎日暇でした!

ストロベリーファームの1日

苺のプランティング

私が行った時期は、イチゴの苗植え(プランティング)の時期でした。

まだ苺が収穫出来るわけではないので、あまり仕事が無く週3~4の午前中だけ仕事がある日が多かったです。

※前日 7:00~9:00ごろ次の日仕事があるか、ある場合は何時からか連絡が来ます。

  • 05:00 起床→朝ごはん
  • 05:30 シェアハウスの皆で車に乗って出発
  • 06:00 ファーム到着、苗植えスタート
  • 11:30 お仕事終わり
  • 12:30 帰宅→洗濯→お風呂
  • 14:00 お昼かつ夜ご飯
  • 14:30 永遠に暇をつぶす
  • 22:00 就寝

日によって出勤時間や働く時間は違うので、一番多いパターンです。

毎日めちゃくちゃ暇です。田舎なので、家の周りに何もありません。

ファーム生活というと自然がいっぱいある所を想像するかもしれませんが、住んでいる場所は住宅地なので家しかありません。

たまにシェアハウスの皆で鍋をしたり、ビーチに行ったりしました。

台湾人のイケメンがいたのは、本当にありがたかったですね。笑

ストロベリーファームの給料

苺ファーム

苺ファームの給料は、500苗で17.5ドルです。(ファームによって多少前後します)

500苗をだいたい2人ペアでするので、一人の取り分は8.75ドルです。

最近慣れてきたので30分で1袋ぐらい行けます。最初は1時間に1袋くらいのペースでした。

4時間くらいの仕事の日が多いので、$8.75×8袋=70ドル/日くらいですかね。

早い人だったら15分で1袋くらいいけるので、頑張ればもっと稼げると思います。

時給の方が安定して稼げるけど、クビになりやすい上にものすごくせかされるらしいです。


本当にファームに行きたいのかよく考えて

私はファームで100日以上働き2nd visaに申し込む準備は出来ましたが、結局オーストラリアは1年しか行っていません。

もちろん普段できない良い経験になったし、ファームに行ったのは良かったと思います。

しかし100日は本当に長いです。そして想像以上にキツイと思います。

途中で2nd visaを諦める人や、100日働いたけど2年目は行かない人など多くの人を見ました。

ファーム生活は1年のおよそ3分の1を使ってしまうので、本当に2nd visaが欲しいのかよく考えてから、ファームに行くかどうか決めた方がいいと思います。

全然ドラマチックじゃないワーホリのリアルな1日
全然ドラマチックじゃないワーホリのリアルな1日 ワーホリで、"映画のようなドラマチックな日々"を想像している人も多いのではないでしょうか。 ブログやインスタにはキラキラし...
ABOUT ME
りっぴ
りっぴ
保育士→AUSワーホリ→派遣WEBデザイナー(今ここ) 未経験からWEBデザイナーになった方法やワーホリ、複業について書いています。 >> 詳しいプロフィール