お役立ち情報

【一時帰国中に考える】ワーホリ前にしておくといい事

【一時帰国中に考える】ワーホリ前にしておくといい事

9ヶ月間ワーホリをしてみて思った、ワーホリ前にやっておくといい事をご紹介します。

持って行くものではなく、「すること」の準備のお話です。

ワーホリに行くまでの準備が知りたい方は、関連記事をご覧ください。

関連記事【決意から出発まで】オーストラリアワーホリ準備の1年間まとめ

1:英語を話す事にためらいをなくしておく

library

英語の知識は豊富にあるのに話せない(又は話さない)人が多いなと、ワーホリに行ってみて思いました。

個人の性格などももちろんあると思いますが、「英語を話す事」に慣れていない事も理由なのではないかなと思いました。

日本国内にいても英語を話す方法は、たくさんあります。

  • meet-up
  • ランゲージエクスチェンジ
  • 英会話(オンライン英会話)
  • 国際ボランティア
  • 英会話サークル
  • 街中で話しかける

ここで「いきなり英語を話す自信がない」と思った方もいるのではないでしょうか?

英会話の自信が無いならプロから始めるのがオススメ

自信がない方にオススメなのは、プロと話すことから始める方法です。

いきなりmeet-upなどに参加するのもいいですが、「自分の英語が伝わるか」「みんなペラペラだったらどうしよう」と不安になりませんか?

私は不安で、勇気がありませんで(><)

そこで私が1番最初に始めたのは、英会話スクールです。

しかし、英会話スクールは値段が高い(全部で30万円くらい払いました)事と週に1~3回程度な事もあり、個人的にはオススメしません。

私のオススメは”オンライン英会話”です。特に、英語を話すことに自信が無い恥ずかしがり屋さんにはオススメしたい。

自分の部屋の中で先生と話す事が出来るので、人の目が気にならない!さらに毎日話せるのも良いです。

私は、DMM英会話をしていました(^^)DMM英会話なら相手はプロなので安心できます。

無料で実際のレッスンを受ける事が出来るので(しかも2回も!)気になる方は、試してみてください。

DMM英会話

DMMで英語を話す事に慣れたら、「もっと英語を使ってみたい」という気持ちになってmeet-upなどに参加できました。

「英語を話す事に慣れる」最初のスタートにはオススメだと思います!

現地で友達作るなら「meet-up(ミートアップ)」が簡単楽しい!
現地で友達作るなら「meet-up(ミートアップ)」が簡単楽しい! 「ワーホリ」と聞くと、自然と友達が増えて楽しい毎日を過ごせるような気がしませんか? もちろん勝手に友達が増えていくなんて、...

2:ワーホリ先でしたい事を日本でもしておく

メルボルンの馬

例えば「ローカルのカフェで働きたい」という人は、日本でカフェで働いていた経験があった方が採用率が上がります。

さらに、ラテアートなんて素敵な事出来ちゃう人は、もっと採用率上がっちゃいますよね。

オーストラリアの仕事探しでは、英語力ももちろんですが経験が重要視されます。

「英語力はまぁまぁだったけど、日本のスターバックスで働いていた経験があったのでオーストラリアでも雇ってもらえた」という話も聞いた事があるくらいです。

私は、保育士をしていたのでデミペアではかなり有利でした。

保育経験がある人がいいという家庭もあったので、2つの家庭を見比べて選ぶ事が出来ました。ありがたし。

仕事だけでなく、資格を取る・楽器の練習などワーホリでしたい事によって準備は変わってくると思います。

友人はピアノが弾けるので、ストリートで演奏していました。(フリーマントルマーケットに無料のピアノがあります)

バスカー

資格や経験は、あった方が得ですよね。将来なにに繋がるか分からないですしね(^^)


準備は無いよりあった方がいい!

一回経験してみると見えてくる事って多いですね(^^)

自分のワーホリを振り返ってみて、ワーホリで何をしたいのか考えて、その為に出来る事を日本で準備していけばよかったなと思います。

これからワーホリに行く人や、一時帰国中の人に少しでも参考になれば嬉しいです。

3ヶ月語学学校に通ってみた感想|語学学校の仕組みや国籍比もご紹介
3ヶ月語学学校に通ってみた感想|語学学校の仕組みや国籍比もご紹介 語学学校は毎週クラスが変わるコト等、普通の学校とは違う点がいくつかあります。 12週間で中級から上級まで4段階クラスが変わ...
ABOUT ME
りっぴ
りっぴ
保育士→AUSワーホリ→派遣WEBデザイナー(今ここ) 未経験からWEBデザイナーになった方法やワーホリ、複業について書いています。 >> 詳しいプロフィール