お役立ち情報

【語学学校初日の流れ】Perthでバスに乗る時は〇〇しないといけない

【語学学校初日の流れ】Perthでバスに乗る時は〇〇しないといけない
悩める猫
悩める猫
語学学校の初日ってどんな事をするんだろう?

海外は日本のように、手厚く全てを教えてはくれません。

語学学校初日も、何処に行ったらいいのか、どうしたらいいのか分からず困りました。

学校によって様々だとは思いますが、私が通っていた語学学校初日の流れをご紹介します。

何となく初日のイメージが湧けば出来れば嬉しいです。

語学学校初日の大まかな流れ

  1. 簡単なクラス分けテスト
  2. 学校案内ツアー
  3. 待つ(昼休憩)
  4. クラス分け
  5. 授業スタート

語学学校に到着後、新入生らしき人がどこにも見当たらなかったので、受付で「新入生はどうすればいいですか?」と聞きました。

そしたら「とりあえず中庭で待ってて」とのこと。

皆がどんどん教室に入っていくなか、不安になりながら待っていたら、やっと新入生が呼ばれました。

1:簡単なクラス分けテスト

職員室らしきところで、WritingとSpeakingのテストがありました。

Writingは、題材に対して自由に文章で書く感じでした。作文みたいなイメージ。

Speakingは、質問というよりは先生とおしゃべりという感じでした。

2:学校案内ツアー

実際に学校内を回りながら、学校内の設備を説明を聞きます。

「ここの冷蔵庫は自由に使っていいよ」とか、「アクティビティはここに張り出すよ」とか。

毎週末のテストで、次の週のクラスレベルが決まるらしい。

3:待つ(昼休憩)

「とりあえず待ってて」とのことで(2回目)、中庭で持ってきたパンを食べました。

昼ごはん

ランチはこんな感じです。日本食が恋しいです・・・。

ここは、新入生と一緒にランチを食べて仲良くなるチャンスです!

4:クラス分け

先生に連れられて、クラスの前で「あなたはココでーす」と軽くクラス分け。

当たり前ですが、日本の新学期のクラス分けみたいなイメージとは全然違います。

5:授業スタート

午後の1時間分だけ新クラスで授業を受けて、初日はおわりました。

どの語学学校も、だいたい14時~15時くらいには終わると思います。

クラスは難しすぎず簡単すぎない、とても良いクラスでした。

語学学校初日の感想

語学学校で初めて色々な国の人と話して気付いたこと

  • インド人の英語は独特(その人だけなのか?)
  • 日本人は”R”の発音が苦手だけど、タイ人は”CH”の発音が苦手らしい(例:Cheese → Seez)
  • ヨーロッパの人は「学校来る必要なくない?」ってくらいペラペラ(な気がした)

私のクラスは女の子が2人しかいない。私入れて3人。悲しい。

そのうち1人は午後から帰っちゃうし…。

意外とみんな同じ国同士で集まって、よく分からない言葉で話してる…。

しょんぼり…。しかしめげないー!

日本人の女の子見当たらないけどめげないー!そのうち友達できるでしょー!(≧∇≦)


【注意】Perthでバスに乗る時は手を挙げる

バス停
  • 乗りたいバスが来たら手を挙げる
  • バス内アナウンスは無い
  • 前のドアから入って後ろのドアから出る(日本と反対)
  • 現金は先払い制

オーストラリアのバスは、大きなバス停以外は手を挙げないと停まってくれません。

また、降りる時も「次は◯◯〜」のようなアナウンスはありません。

なので、自分で道を見て降りたい所が近づいたら「ピンポーン」と鳴らします。

「バス停なら見たら分かるでしょ」と思うかもしれませんが、主要な所以外は棒が差してあるだけです。

なので私は、バスに乗りながらもGoogle Mapを見ていました。

本当Google Mapには助けられてばかりです。SIMフリーにしてよかった。

関連記事ワーホリに行くなら「SIMフリー携帯」が絶対オススメ!

スマートライダー(Suicaみたいなの)がなかったら、料金は前払い制度です。

運転手さんに行き先を言ったら料金を教えてくれますよ。

通学でバスに乗る人もたくさんいるかと思うので、Perthのバス事情でした。

ワーキングホリデー出発前のリアルな気持ち
ワーキングホリデー出発前のリアルな気持ち【過去の日記から抜粋】こんにちは、りっぴ(@rippybeuaty)です。 このブログを読んでいるあなたは、もうすぐ出国でしょうか?それとも、まだ迷って...
ABOUT ME
りっぴ
りっぴ
保育士→AUSワーホリ→派遣WEBデザイナー(今ここ) 未経験からWEBデザイナーになった方法やワーホリ、複業について書いています。 >> 詳しいプロフィール